選ばれる理由

東レACE独自の「ラップサイディング」

ラップサイディングとは

幅の細い板を1枚1枚ていねいに重ね張りして仕上げる工法で、欧米の木造建築に外壁として永きに渡り受け継がれています。日本においてもその歴史は古く、「鎧張り」「下見板」「横羽目」などと呼ばれ、木造の伝統建築に見られます。

東レACEは、この伝統的な工法に用いる外装材として、四季のある日本の気候と住宅建築に適合する、「繊維補強セメント板」を基材とした「不燃外装材-ラップサイディング」をご提供しており、おかげさまで30年余の歴史を誇ります。

特長

●14ミリ厚板材の重ね張りの勾配により、強い陰影感が得られます。

●左右ジョイントの接合により、板間シーリングが不要です。

●「インビジブル工法」により、釘が仕上がり面に露出することなく納められます。

 ※一部建具取り付け廻りなどを除きます。
 ※ハードタイプ、ソフトタイプを除きます。

●軽量でハンドリング性が良く、現場での搬入・施工性に優れます。

伝統という普遍性から生まれた
さまざまな可能性を秘める外装材
陽光の角度によって美しい陰影を創り出し、単調になりがちな壁面に豊かな表情を与える「不燃外装材-ラップサイディング」。
伝統の様式をそのままに再現するこだわりの洋風クラシックから、ポストモダンの流れを組む洋風モダン。さらには都心近郊の街並みに見られる、都市型モダンや和風モダンまで、そのシンプルでありながら豊かな表情をもつラップサイディングは、どのような建物にもよく似合い、またレンガ・タイル・石・木・漆喰壁などの異素材とのマッチングに優れた複合素材としての可能性も持っています。

施工例
ラップサイディングを使用した物件はこちら
豊富なテクスチャーと
カラーバリエーション
プレーンでスッキリとしたフラットタイプから、パイン材の質感を施した表情豊かな木目タイプなど、テクスチャー、カラーリングともに多彩なバリエーションをラインナップしています。どのタイプにも「無塗装」仕様の用意も有りますので、お好みのカラーリングを現場にて施すこともできます。

カタログ
カタログを見る

このページの先頭へ

  • ご利用条件
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ